アドバンス遠隔セッション体験談 NEW

セッション後、ご好意で頂いた非公開の遠隔セッションのご感想をご了承の上でそのまま掲載させて頂いております。

 

NAOパワフルスペシャルセッションを受けてこられた方の中で、ゼロポイントフィールドに繋がることに慣れ、段階的に、さらに高い神聖なレベルにおけるフィールドへのアクセスを必要とした方の為のさらに難易度の高い、非公開セッションによるご体験です。(すべての方が受けられるセッションではありません)

 

30代女性 <アドバンス領域となる非公開の特別遠隔セッション コアNEW>

本日は、書いていただいている通り、体感としてはこれまでに比べると少なめでした。ただ、本日は開始時刻の10分前くらいから、いつもセッションの開始時に感じるようなピリつきを感じ始めたのに驚きました。事前に、より難解でパワフルなセッションだと伺っていたのでそういう部分がこうやって現れているのかなと思いました。開始10分前は、まだソファに座っていたのですが、やはりいつも通り左側が反応し始めまして手がピリついたかな?と感じましたら、右手も若干ピリつきを感じ、それから左足がだいぶはっきりとピリピリと反応をしていて、あとは顔面もピリつきというよりは左右の頬骨が押されているような感覚になりました。開始時刻が過ぎると、これまでほど激しくはないのですが

やはり揺られているような感覚になりセッションのスタートを感じました。これまでのセッションでは、具体的に左側が、右側が、というのを感じることが多かったのですが本日のセッションは、だいたい終始「体全体」が常にピリついていたり、全体に対して何かが起きているという感覚でした。

 

前半、印象的だった体感としましては、自分がスライムの中にいるような感じになり外側からグニュグニュと揉まれて、押されているような感覚になった時がありました。その後だと思うのですが、瞼の裏で、脳みそをCTスキャンしたようなイメージが瞼いっぱいに映っているように感じる時が少し続きました。その時は、脳みそか額全体を押されているような感じで、そのイメージがそれにより近づけられて目が離せないような、そんな感覚でした。あとは、鋭いピリつきをやはり左半身に何度か感じました。最初は左側の鎖骨の上あたりで、その後も左半身で何箇所か記憶にあります。また、いつも感じるエネルギーの波やうねりが、本日特に強く何度も続いていたのが両足の内側でした。これは最初の方から度々起き続けていました。前回は、両足同士が強く引っ張り合う感覚でしたが、本日はそこまでではなくビリビリとした感じとエネルギーが内側に向かって激しく波打っているような感じでした。

 

開始から30分経つくらいの時には、棺のような、体が長とすっぽり収まるようなケースに入った感覚になった時がありました。その後、後半に入ってからは、だんだんと意識が遠のいたり、寝てしまった時もあるような気がします。後半になるにつれて、意識が遠のく深さが深くなっていくのを自分でも感じていました。意識が遠のく中で、たまに学生時代か何かの記憶を思い出した時もあったと思います。後半で記憶に残っている体感としましては、本日もベッドに横になって仰向けの状態でセッションを受けていたのですが、添付画像のように肩あたりからお尻までがすっぽりと覆われた感覚になっていた時がありました。前半に起きていたエネルギーの波が左半身・右半身でそれぞれ頭から足に向けて

縦に波打っている時があったりしたのですが、後半ではこの下からすっぽりと覆われた感覚を感じてからは体の下からエネルギーを全身に感じる時もありました。

 

あとは、これも後半だと思いますが、肋骨の下あたりの臓器が取られてしまって空っぽになり上半身と下半身がピリついてはいるものの、離れてしまっているような感覚になった時もあり面白かったです。イカを調理する際に、イカの足を引っ張って内臓を取り出し、イカの頭が空になるようなそんな感じでした。笑最後、終了時刻間際に感じたのは、魔女が大釜でスープをゆっくり混ぜているような、そんな感じで寝ている私の顔の上あたりでエネルギーがゆっくりと混ぜられてぐるぐると渦を巻いているような感覚があり、何となくそれが終了の合図のように感じ、落ち着いてから時計を見ると終了時刻になっていました。セッションが終了してから今3時間が経過していますが、まだ体全体がかすかにピリついていて顔面の特に頬骨のあたりは他よりも強くピリつき続けています。頭が圧迫された感覚もまだ続いているような状況で、頭がぼーっとした状態が続いていて体の動きも鈍い感じで、人間として目覚めて間もないような、そんな感じです。笑違う次元に行っていて、3次元に戻ってきた感覚がこれなのでしょうか。

 

すっかり忘れていたのですが、こちらも寝るときにセッションを思い返していてふと思い出しました。

本日のセッションは、セッション開始前とセッション中も顔面で特に左右の頬骨に反応を感じていましたが、実は先日も寝るときに頬骨に本日感じたような反応を感じた日が2日ほどありました。本日のセッションは、いつもよりも顔全体にピリつきや圧迫感など反応が終始ありました。さらに、終始、時折手足などがピクッと動く時がありました。 これは、今までのセッションではなかったように思います。最近、教えて頂いたワークやいただくレポートなどで脳や神経、意識に関して触れられているのでその分野にも興味が広がり『意識はいつ生まれるのか』という本を読み始めているのですがその中で「外科手術の色々な段階で、筋肉が反射的に激しく収縮するのを防ぐために電気的な刺激が神経から筋肉を伝わるのを防ぐ薬をメスで切開直前に投与する」という記述がありまさにNAOさんが先日おっしゃっていた”スピリチュアルの外科手術”でも、抑える薬が使われていない分、同じように筋肉の収縮が起きているのかなと思い、やっぱり外科手術なんだー!とワクワクしました。

 

ティンカーベルのような緑色の光を放つ、女性?の女神様か天使のような存在に額を押されたようなイメージが浮かんだ時があったように思いました。セッション中のNAOさんでしょうか??笑 頭全体を圧迫されているような時もありました。昨日は、頭が働いていなかったため、気づかなかったのですがお尻から上を下から包まれるような感覚になったり、肋骨のあたりに体感があったりというのはまさにレポートで尾骨や頚椎などのセッションを行っていただいたりしていたことにぴったりと当てはまることに気がつき、していただいている施術をしっかり私も感じられていたんだなと思い嬉しくなりました。本当にこれは、体験した人でないとわからない貴重な体験ですね!

30代女性 <アドバンス領域となる非公開の特別遠隔セッション リムーバルNEW>

時刻になると、前回までは、手のピリつきなど手足の反応からセッションの開始を感じていましたが、今回は手足ではなく頭が圧迫される感覚からスタートし、セッションの開始を感じました。インプラントということで、頭に埋め込まれているせいかなと思いました。体も圧迫される感覚はあったと思いますがしばらく頭が圧迫されている感覚が強く続きました。前回まで感じていた手足などのピリつきは、前半・中盤はなかったような気がします。後半は、いつも通り両手足にピリつきを感じたタイミングがありました。

 

意識が飛ぶような時が何度もあったため、ちょっと時系列があやふやなのですが、頭の圧迫の後は、今までと同様に両手にエネルギーの波を感じ始めどんどんと波打つ感じで上に上がってくる感じが起きました。今までと違った気がしたのは、波打つ角度が途中90度変わったことです。(腕を直方体だとすると、最初は上の面が波打っていて、その後は波打ちが側面に切り替わる感じです。)これがセッション内で前半〜後半にかけて2〜3度あったように思います。

 

前半、最初の方では、本日もベッドに横になり部屋を暗くして目を閉じていたのですが

まぶたの内側では、また白黒な感じで、ゴッホの絵のようなゆらゆらとした感じのものが見えていた時がありました。

 

それから、これも前半〜中盤だと思いますが、前回は、波を起こす装置に揺られているような水面の感覚で揺れた時がありましたが、今回は、水面のゆらゆらとした感じではなく、収穫した穀物のゴミを取るための大きな網(添付のような)で揺すられているような感じで、揺れて右側にいく時に壁に当たって少しバウンスを感じるような、ちょっと違う感覚もありました。

 

あとは、中盤〜後半かと思うのですが両手足の内側同士が互いに引っ張り合うような感覚でだいぶ強い各パーツのエネルギー同士が引き寄せ合う感覚がはっきりと何度かありました。こちらも、いつも両手足がピリついたりエネルギーを感じることがありますがこの磁石のように引き寄せあう感覚は初めてでした。

 

本日のセッションの体感で一番印象的だったのは後半、まず右のこめかみ辺りにレーザーかドリルの先端を当てられたような鋭い感覚を感じたと思うと、ドリルのようなものを当てられている感じがどんどん強くなり、並行して、今度左の耳の下あたりにも同じような感じを覚え

その後、左手の人差し指の第一関節の上あたりも右のこめかみ辺りに感じた鋭い感覚を

感じ、上半身の何箇所かでそのような体幹をしばらく感じました。まるで、手術台の上で外科手術を受けているような感覚になりました。

 

あとは、この手術のような感覚の前、おそらく後半に両腕が外側に引っ張られるような感覚になった時もありました。両脇に風船でも抱えて、その風船がどんどん大きくなっていってそれに伴い両腕も引っ張られるように動いていくような感覚でした。そして、また両腕が外側に引っ張られたことにより胴体も中央からパカーッと両サイドに向かって開き、また中を見られているような感覚になりました。

 

他には、こちらも後半、特に終盤だと思うのですが左肩を触れられているような感覚になり、だんだんと左腕や上半身の左側が左にグーーッと引っ張られるような感覚が少し続いた時もありました。終始、体のところどころが少しだけ痙攣を起こす時もあったと思います。

 

起きてからは、前回もそうだったのですが、若干気持ち悪く吐きそうな感じになりました。すぐにこの反応は落ち着くので、もう大丈夫ですが前回までよりも、両手の痺れの感じや、頭の感覚などが今、セッションから1時間が経過しようとしていますが、まだ手の痺れの感覚、頭の重い感じなど、残っていてこれもアドバンスのセッションだからよりパワフルだった影響かなぁと感じています。

 

これは完全に勘違いかもしれないのですが・・・何か映像が見えそうな気がする時が何度かありまして、前半に何となく感じたのは、なぜかスフィンクスを右斜め前から見ているようなイメージが浮かんだ時がありました。はっきりと見えたり形が見えるというよりは、ぼんやりとまぶたの内側に何かが浮かんでいて、心で「スフィンクス?」と感じた、という感じです。

 

後から思い出したのですが、昨夜も、身体が浮かび上がるような感覚になった時がありました。過去のセッションでは、物質である体から身体の形状をしたものが抜け出る感じで幽体離脱のような感覚でしたが、昨夜は、身体全体が浮かび上がるというよりも、身体の至る所に糸がついていて、それで上に引っ張り上げられているような感覚でした。