マトリックス・エナジェティクス®体験談(特別版)

これまでに、マトリックス・エナジェティクス®を中心としたNAOパワフルスペシャル遠隔セッション、さらに応用となるアドバンスセッションを受けられ、ご自身のその後のお気づきとその変化の過程をご好意で頂いた、ご感想をご了承の上でそのまま掲載させて頂いております。

30代女性 NAOパワフルスペシャル遠隔セッション、アドバンス遠隔セッション

 

<内面の変化について>
普段のセッション後の感想では、セッションでの体感がいつもとてもすごいので
体感についての感想ばかりになっていましたが、NAOさんのセッションを受けるようになってから気がつけば信じられないような大きな精神面の変化がありました。2020年の6月下旬に初めてのセッションをしていただき、その際のレポートでは「ゼロポイントに繋がることで自身のヒーリングに繋がってくる」とありましたがそれがどういったことなのか、当時の私には分からずにおりました。

 

セッションをお願いするきっかけも、精神的な変化を求めてというよりはマトリックスエナジェティクスを本で知ってとても興味を持ち、どのようなものなのか体験をしてみたいという気持ちからでした。そのため、いつもセッションでは体感を楽しみ、レポートで自分の知らない世界を見せていただいてワクワクしていたわけなのですが、そうした中、いつの間にか、自分という存在は宇宙の一部という感覚になり、意識が自分の今存在しているこの空間に向くようになったせいか、辛いことやストレスにフォーカスしないようになっていたように思います。

とはいえ、私は幼い頃からつい最近まで30年以上はいわゆる”生きづらさ”を抱えて生きてきており家族問題や自分自身の問題など、本当に日々生きていることが辛いような人生で「幸せになりたい」と考えたこともなく、「周りが幸せならそれでいい」という自尊心が完全に欠如した人間でした。

このような自分の心の奥深くに根を張った闇は、どんなに考え続けても取り除くことはできませんでした。改善はされてきてだいぶ生きやすくはなってきていたものの、セッションを毎月受けていっている中でも辛いことは関係なくやってくるので、せっかく穏やかな気持ちになれていたり、ワクワクしていたとしてもすぐに現実に引き戻されてしまう、そんな状態は変わることはありませんでした。

しかし、2020年の年末に近づくにつれて”散々悩んできたけれど自分ではもう変えることはできないと思い、途方に暮れていた深い悩みたち”が一瞬にしてフッと消えて、まるでなかったことのようになり、理想的だった考え方に変化するという魔法のようなことが起き始めました。

例えば、これまではずっと「生きる理由」を見つけたくて、それが見つかれば他の人たちのように生きることが楽しくなれるのではないかと思っていましたが一向に見つけることはできず、求めているものが見つからない、見つかりそうにないと思えば思うほど不安に包まれていました。「ただ生きているだけでいい」「生きることに理由なんていらない」「命があるだけでいい」というようなことを見聞きしますが、それは私には理想論でしかなくどうしても心からそれを思える状態には至りませんでしたし、そう思える自分も
どうしたらそう思えるようになるのかも想像ができませんでした。

そのような意識でいた私ですが、ある日突然「生きることに理由なんていらないんだ」
と思う意識が現れました。それが昨年末辺りだったと思います。まるで今までのことがなかったかのように、心の中にあまりにも自然とその意識は芽生えました。あまりにも自然すぎて、その時の思考の記憶はありません。そもそも、その意識にたどり着くまでに思考なんて存在していなかったかもしれません。本当に生まれ変わったような感じです。

この意識の変化は、突然のようできっと突然ではなく、おそらくセッションを受けてからその日までに小さな気持ちや意識の変化の積み重ねもあると思います。自分が宇宙の一部であること、他の方のセッション時に、私にも体感があり共鳴をしていたことを知ること、ある特定の年代で人生に影響するような出来事が起きていたことを知ること、など
様々なことを知り、意識をし、感じていったことで、大きな変化が私に訪れたのだと思います。

他にも、今年に入ってからこちらも意識が変化をしたのですが、自分の幸せに関して
「こういう状況になれたら幸せになれるのに」と思っていたところがありましたが
「これが手に入ったら」、「こういう状況になったら」というのは、自分の外側に幸せを求めてしまっているだけで人や物事に依存した考え方だなと気がつくことができました。

やはりこれも、一般的に「幸せは自分が決めるもの」「幸せは自分の中に見つけるもの」と言われていると思いますが頭ではわかっていても、それを心から思うことはできなかったのですがふとした時に「自分は自分の外側に幸せを求めてしまっていたんだ。」という意識が自然と湧き出てきてその後は自分自身に目を向けて考えることができました。
そうなれたことで、不安や悲しみ、傷つくということに自動的に決別できたように思います。

すでにこういった考え方で生きておられる方々からすると、何を今更というようなことかもしれないのですがそれが見つけられずにいる人にとっては、暗闇から抜け出す方法がわからずにもがき続けて生きている状態なので私にとってこれらの意識の変容は、本当に信じられない、奇跡のような出来事でした。

最近では、前回のセッションで自分の過去世、もしくは過去に関係していた出来事と思われる非常に驚くべき貴重な経験をさせていただきましたが、そういった体験を実際に自ら経験したことで自分の知らない魂としての過去が存在するということを肌で感じ、再び「意識の変化」が私に訪れました。今度訪れた意識は「人の人生と自分の人生は比べても仕方ないこと」でした。

これは本当によく言われていることだと思います。私自身はそんなに人の人生を自分の人生と比べて羨んで生きてきたつもりはないのですが、前述の体験をしたことで「あの人の魂は今、だいぶ先に進んでいて、すでに辛いことは既に過去で経験して卒業しているんだ。」「私の人生で辛いことが起きて、今も現在進行形なのは、魂としてまだ必要な経験なんだ。」と思い、良い意味で、他人事かのような心持ちに変わっていました。

こう思うことで、セッション前までは「どうしてこんなことが起き続けるのだろう」と思っていたのですが「どうして」と思うことが一切なくなりました。「全ては起こるべくして起きている。」と感じるからです。

自分自身の意識の持ち方次第で、未来は常に変化し続けていると思いますが自分の直感を大事にするようにして、正しいと思う選択をしていれば「全ては成るように成る」し
ある意味その選択によって未来はすでに決まっていて「成るようにしか成らない」だろうから心配しても仕方ないと思うようになり、余計なストレスもなくなりました。

こんな風に、とても大きな意識の変容が、いつの間にか自分にたくさん訪れていました。
この変化のタイミングにつきましても「もっと早く変わりたかった」「もっと早くNAOさんに出会えていたら」と一瞬思った時もありましたが、昨年6月にNAOさんに繋がったことも、セッションを継続していたこともずっといた暗闇から抜け出し生まれ変わるような体験をしたのが今だったことも全てこれらのタイミングには意味があり、そしてこれでいいのだろうと思えるので、面白いです。

これまで、意識の変容というものがどのように起きるものか全くわかりませんでしたし
想像もつきませんでしたが、自分体験をしてはっきりとわかるのは自分の中にブレない軸のようなものが築かれたということです。そして、そこに辿り着けたのは、紛れもなくNAOさんのセッション、いただくレポートやメールなどNAOさんと繋がることができたおかげです。

NAOさんには、すでにコロナ禍で遠隔でのセッションをお願いしているためお会いしたこともなければ、声をお聞きしたこともなく、セッションとメールだけでのやり取りにも関わらずメールの文面から感じられるNAOさんの素晴らしいお人柄やエネルギーが私を現在へと導いてくれたのだと思います。改めて、このように思いがけない出逢いと一連の自分に訪れた変化を思うと不思議な気持ちと、有難いなぁという気持ちで、胸がいっぱいになり泣きそうになってしまいました。

 

私のことをよく知る友人から今年に入って「元気?」と連絡が来た際も
今までの私は、人から挨拶でそのように聞かれても「元気」と心から言うことは人生で一度もなかったのですが初めて本心で「元気!」と返信をしまして、「初めて本当に元気!笑」と言いましたら「確かに、セッションを受けるようになってから(私から)落ち込んだ言葉を聞かなくなった!」と驚いて、喜んでくれました。

本当に本当にありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

<内面の変化について 続き>

セッションをしていただくようになってからの私の内面の大きな変化についてお送りさせていただきましたが、その中で「生きるために理由なんていらないんだ。」ということに
たどり着いたお話をさせていただきました。

生きる理由を探し続けて来て、それでも見つけることができなかった私にまるで魔法がかかったかのように「生きることに理由なんてなくていいんだ。」という意識が心に芽生えあまりにも突然のことだったので、どのような工程でそこへと辿り着けたのか自分でもわかっていなかったのですが、その後NAOさんからご返信をいただいて、私もそのお返事を書いている中で、気づいたことがありましたので改めてお伝えさせていただければと思いご連絡させていただいております。

その意識に辿り着くまでの思考回路は、未だにはっきりとはわかりませんが、一つ気づいたことは「私はその奇跡が起きた時、立ち止まっていたのかもしれない。」ということでした。

これまでは、何か変わらないだろうかと行動に出る自分もいる一方で、疲れ果ててしまっている自分もいたり30年以上もがき続けていたわけですが、セッションを受けるようになってレポートをいただいたり、NAOさんとやり取りをさせていただくようになって自分の存在を宇宙規模の空間で感じるようになりそういった過去のもがく自分がいなくなって、過去に囚われながら未来を見るのではなく「今」を見つめ、宇宙や次元という無限の空間を思い描き、その中の自分という存在を感じるようになったことで光が届いていなかった深海の中をジタバタと泳いでいた状態から、横の動きをやめ、力を抜いたことで気づけば上へと上へと上昇し、光の届く海面へと辿り着いていたのかもしれないなと思いました。

家族、環境、人、など自分を取り巻く存在と切り離すことがいつのまにか出来ていて
自分という存在を受け入れるということに繋がったのかもしれません。

「成るように成る」というお話もさせていただきましたがこちらにも共通しているなと思いました。「流れに身を任せたから、流れ始めた。」ということなんだろうと思います。

NAOさんと1回メールをやり取りしただけで、こんな風に新たな気づきが自分の中にまた一つ生まれ改めて、1年にも満たない短い時間の中で、たくさんの貴重な体験、経験をさせていただいていたんだなと思いました。それは、どれも目には見えないものであるにも関わらず、私の人生に素晴らしい希望の光を灯してくれました。同時に、目に映る景色というものに惑わされてはいけないなということを私に教えてくれました。

改めまして、本当にありがとうございました。